ドローンによる宅配サービスについて

歓迎します。

ドローンを活用すれば配達に人手を割くことが少なくなりますし、ネットスーパー等でも活用できれば1人では買い物に行くことが難しい高齢者などの手にも安定して食料を供給することができるようになるであろうためです。

ドローン配送が日本で普及するため壁

まずひとつ法的な壁があるでしょう。

日本では現在ドローンに関する法律がまだ不透明な部分があります。

たとえ技術的な面をクリアしていたとしても、整えられた法律がなければ施設外の空をとぶことができないと思いますし、実際現在では特別に許可された地域でなければドローン配達ができないようになっています。

荷物が落下して破損した際や盗難にあってしまった際の保証であったりドローンカメラで撮影された際のプライバシーへの配慮も必要です。

そのためまずはドローンに関する法律を整理すること、これが壁を乗り越えるためには必要でしょう。

もう一つの壁は技術面ではないかと思います。

故障をしない、落下しないなど頑丈かつ精巧なドローンを作る技術面は勿論、荷物を入れておく箱やカプセルなどの開発にも力を入れる必要があるでしょう。

強く固い箱ならば万一落下しても壊れることはありませんし、盗まれた際に開けられてしまう心配も少なくなります。

そのためには技術者の確保などが第一となるのではないかと考えています。

ドローン配送が普及する時期

普及するとなるとあと五年は必要なのではないかと思います。

完全に法整備やドローンの開発が完了するのにまず時間がかかるでしょうし、いままでスマートフォンなどの新しい技術も普及したといえるまでは相応の時間がかかっているため、少なく見積もってもこれくらいかかるのではと考えたためです。