通販会社が通販物流の倉庫を選ぶポイント1 使いやすさ

例えば入出庫の範囲や時間が限られており、それが自社のサービス内容とマッチしないサービスを選んでしまうと、余計な手間がかかると共に配送遅延等が発生してしまい、顧客満足度も下がってしまう可能性があるからです。

通販会社が通販物流の倉庫を選ぶポイント2 価格

自社で不要なサービス、例えば冷蔵商品は扱っていないのに冷蔵サービスを一括提供している業者等に委託してしまうと余計なコストがかかるからです。

通販会社が通販物流の倉庫を選ぶポイント3 信頼性

いざという時の対応の良さ、連絡の取りやすさ、明朗会計等アウトソーシングをするという事は自社の一部を任せるという事に等しいため、安心感と信頼性がないと余分なコストや手間がかかり、結局自社で管理した方が良かったという結果に繋がりかねないからです。

また、距離的に近いサービスを利用した方がいざいという時の安心感に繋がるかと思います。

 通販会社が通販物流の倉庫を利用するメリット

メリットはスペースの節約でしょうか。

自社で在庫を抱えると、どうしてもその保管スペースが必要になってしまうため、場所的なコストがかかってしまいます。

その他、冷蔵や冷凍等自社保管が難しいものを一括で管理してくれるというメリットもあります。

通販会社が通販物流の倉庫を利用するデメリット

デメリットはマッチしないサービスを利用してしまった場合、余計な手間とコストがかかる事でしょうか。

また、商品管理や配送に一つ過程を増やす事になりますので、何か合った時の対応や責任の所在が少々分かり難くなる可能性も考えられます。