宅急便の料金が上がる!?

よく目にする大抵の商品は製造段階で様々な配送サービスを経由しているため、販売価格としての見た目の物価は上昇するでしょう。

これは私達一人一人の給与に反映されるような物価上昇ではないので、徐々に購買意識の低下を招く事と思われます。

そして企業側も対応のため商品の低価格化を進めていく事で、経済活動の停滞に至る可能性があります。

これから先の宅急便事情

従来の状態が続けば、益々高度化していくであろうサービスへの対応等もあり、上昇していくと思われます。

しかし、ドローンの活用や再配達を防止するような新しいサービスへの試みが行われており、物流量そのものの調整が上手くいけば配送料の上昇に歯止めがかかると思います。

又、配送料そのものを各々で設定できるようなシステムを展開する企業も過去にあったので、配送料としては上昇していても各々が納得できる事態に落ち着くかもしれません。